ホーム » 未分類 » 自己破産による誤解

自己破産による誤解

自己破産は債権者や連帯保証人への迷惑などを考えると、簡単に行うことは避けたいものです。しかしどうしても仕方のないときには、必要な救済法でもあります。しかし意外と多くの自己破産に対する誤解が飛び交っているようです。そこでそんな自己破産についての誤解についてご紹介したいと思います。

会社や学校など周りの人に、自己破産したことが分かってしまうと思われている人もいます。破産により戸籍に破産の名前が載るため、世間で破産が知られてしまうというふうに言われてしまっているようです。しかし実際には戸籍に名前が載ることもなく、周りの人に知られるということもありません。官報には名前と住所が載りますが、官報を目にする人は極少ないため、ほとんど回りに知られることはないでしょう

次に選挙権がなくなるという噂もあります。しかし実際20歳以上の人なら自己破産の有無に限らずに、選挙権は失われません。また立候補をすることもでき、当選すれば当然議員にもなれます。また家を借りることができないという噂がありますが、自分の家は没収されますが貸し家に住むことは何も問題ありません。ローンを組むことができないので、購入ができないことと誤解されているのではないでしょうか。