ホーム » 未分類 » 他人を巻き込む

他人を巻き込む

借金が返せなくなると自己破産を考えますが、自己破産によって他人を巻き込んでしまいます。そこで弁護士に相談してできるだけ他人に迷惑を掛けないことを考えなければなりません。自己破産をすると、まず債権者に借金が返済されません。今までに返済した額によって債権者の損害はさまざまです。債務者が借金をするときに立てた連帯保証人によって返済されれば、債権者の負担は少なくなります。

しかし連帯保証人も同時に自己破産するという手段を取ることもあるので、その場合は債権者の負担は莫大なものになる可能性もあるのです。しかし一般的には連帯保証人が一番迷惑を被るとも言えます。返済ができる金額でなければ、同時に自己破産をする方法を仕方なく弁護士が勧める場合も。しかし自己破産はただ返済を免除されるわけではありません。連帯保証人が自己破産するということは、連帯保証人の財産もすべて取られるということなのです。

連帯保証人名義の不動産、車、その他の財産類も没収されます。また連帯保証人名義の現金は99万円以上の場合没収、20万円を超える貯金も没収されます。つまり連帯保証人の生活をすべて奪ってしまうと考えるべきです。そのため簡単に自己破産ということを考えず、他の方法で少しでも返済を減らし、自分出返していくことを考えたいもの。そんなことも弁護士なら解決してくれるはずです。